LPガス保安調査用ハンディ端末
 
 
  Windows10での動作を確認しました。
  現状では、XP、7、8、8.1、10の各Windowsタブレット機で動作します。
  エディション、ビット数(32,64)も問いません。
 
  画面サイズも、7,8,10、11インチなどから自由にえらぶことができます。
  (画面の解像度は、1024×768以上が必要です)
           [調査用タブレット]                    [お知らせ用プリンタ]  















          (写真は、10インチモデル)             (写真は、A6モデル)
 
操作説明書は、ここから参照できます。
 
カタログは、ここから参照できます。
 
お知らせは、ここから参照できます。
 
●機能概要
 
1.保安調査センターシステム、あるいはホストコンピュータから、調査予定の顧客データを
  取り出し、調査員ごとに、送信用サーバーにまとめます。
 
2.LAN(無線)経由で、「保安調査用ハンディ端末」にロードします。
  1000件ほどのデータがあっても、数秒でコピーできます。
  在宅で調査する方のために、インターネット経由でもロードが可能です。
 
3.消費者宅を回り、保安調査点検を実施して、結果をこのハンディに入力します。
 
  前回の調査データがあれば、その内容が表示されますから、2度目以降は、短時間で入力を
  することができます。
 
  消費者の検索は、名前、番地、電話番号などで行うことができ、すばやく見つけることが
  できます。
 
  訪問時留守の場合は、「留守」の状態にすることができ、その回数を数えることができます。
 
  「拒否」「空き室」「未使用」などの状態も入力でき、より正確な調査結果とすることが
  できます。
 
  供給設備、消費設備、燃焼器具の入力はもちろんですが、消費者名、番地、電話番号、
  販売店などを、現場で変更することができます。

  新規に顧客を登録することも可能です。(一部のセンター様向け)
 
  消費者には、A6サイズの「点検調査のお知らせ」を発行し、サインの入力も行えます。
  サインは、調査票に印刷されます。 

 
  カメラを内蔵したハンディの場合は、調査中に現場の写真を撮ることができます。
  不良箇所などを、記録するのに役立ちます。
 
4.1日の調査が終了したら、「保安調査センターシステム」に、結果をアップロードします。
  (保存すると呼んでいます) 
  LAN接続していれば、データの更新と同時に、
    ○調査結果一覧
    ○交換部品一覧表
    ○調査票(A4サイズ)
  を、規定のプリンタに印刷します。カラーとモノクロプリンタを切り換えることも可能です。
 
●ハンディの特徴
 
1.このハンディプログラムは、Windowsで動作しています。従って、
  他のWindowsPCでも動作させることが可能です。
  従って、デスクトップPCにインストールして、教育用に使用することもできます。
 
2.安全のために、SDカードなどを使用してデータの2重書きを行っています。
  機種により、マイクロSDになります。
 
3.プリンタとの接続は、BlueTooth(無線)で行うので、邪魔なケーブルが不要です。
  (プリンタは、機種によりA6またはA7サイズの用紙を印刷します。)
 
4.サイズは、8インチモデルでは、210mmx130mmx10mmとコンパクト。
  重量は、350gです。(メーカーにより差があります)
 
5.通常使用で、10時間の稼働。
  スタンバイ機能を使用することにより、1日の使用が可能です。